夜の世界と聞くと、まっさきに思い浮かぶのがホストとキャバクラというワードだと思います。ここではそのホストについてお話しようと思います。

キャバ嬢はどこで出会いを求める?

豪華なシャンデリア

キャバ嬢というと男性からモテる女性達で、毎日出会いに溢れているように見える人もいるかもしれません。
ですが基本的にキャバ嬢は男性と出会うことが目的ではなく、仕事として働いています。
本業だったりバイトの掛け持ちだったりと働き方には差があるかもしれませんが、働いているのはお金のためです。
もちろん玉の輿等の出会いを求めている人もいるかもしれませんが、全体の割合として多くはありません。

それではキャバ嬢はどこで出会いを求めているかというと、それはホストクラブです。
キャバクラのみではなく本職や掛け持ちのバイトがあれば別ですが、キャバクラ一本で長く続けているキャバ嬢は仕事での出会いというものが基本的にありません。
男性スタッフとしてボーイがいますが、多くのキャバクラではキャバ嬢とボーイの恋愛は禁止されています。
もちろんそれはお客さんともです。
ですので、実質キャバ嬢の仕事上での出会いは無しと言えます。

個人的に趣味のサークルや習い事等に通っていれば出会う機会も増えますが、ほとんどの人が昼間に働くのに対して夜に働くキャバ嬢ではすれ違いが生まれやすくなります。
そのため、お付き合いに発展するのは難しい所があります。
また複数の男性と長時間過ごすキャバクラの仕事を理解してくれる男性というのも、現実的には少ないです。
それに対してホストはキャバ嬢と同じようにお客さんとお酒を飲んでお喋りするお仕事、性別が違うだけでお互いの仕事を理解し合えます。
中々友達や家族には言えない仕事の悩みも、ホストなら何でも優しく聞いてくれます。

普段仕事で気遣いをしている分、キャバ嬢はホストクラブでストレス解消ができます。
キャバクラにいる時は酔っ払うわけにはいかないので控えめにしているお酒も、ホストクラブなら好きなだけ飲めるというのもポイントです。
このように自らをさらけ出す事ができるホストクラブでこそ、キャバ嬢は気兼ねなく過ごせるので段々と夢中になっていきます。
またお互いの事を理解し合えたり、ストレス発散ができる相手との出会いも期待しています。

キャバ嬢は一見出会いに溢れているように見えますが、基本的にお店に来る人達は皆お客、出会いのうちにはカウントされていません。
昼夜逆転生活になるため普通の仕事に就いている人達とは距離ができてしまい、段々と孤独を感じていきます。
そうした中で出会いを求めて訪れるのが、似たような仕事内容のホストクラブです。